データマネジメント界の輝ける星、DMPについて

プラットフォーム

手を繋ぐビジネスマン

基盤となるもの

プラットフォーム、その言葉にはいろいろな意味がある。
たとえば、まだコンピュータが存在せず、人にモノを売るために商店の呼び子が声を張り上げていた時代、それは鉄道駅のホームを意味する言葉だった。
列車が到着し、乗客が乗り降りし、発車してゆく鉄道というもののひとつの基盤だった。

そして今、もうひとつの意味として、コンピュータ業界で使われる「プラットフォーム」がある。DMPはデータマネジメントプラットフォーム。データマネジメントを行うためのプラットフォームとして機能するシステムのことだ。
DMPの「プラットフォーム」とは何かというと、これもやはり「基盤」ということになる。基本的な言語の意味は変わらないのだ。「データマネジメントを行うための土台」と表現すると、少しは分かりやすいだろう。
DMPというシステム上で、データ管理が行われているということなのだ。

ビッグデータ

DMPというプラットフォームとしてのシステムが「近未来的」なのは、そのプラットフォームが巨大であるからだ。従来のプラットフォームと比べても、その大きさは際立ったものとなっている。
何と言っても、その土台の上で行われるデータ管理の規模が、これまでとは違う。桁外れに巨大になった。

親コンピュータであるサーバーに貯めこまれたデータを、ゆうに数台分まとめて管理することが出来る。それも、ビッグデータと呼ばれる、名前からして明らかな「巨大なデータ」を、いくつも管理する。
ビッグデータとは、文字どおり巨大なデータのことだが、DMPの世界では主に企業の販売管理、顧客管理に関するデータを指している。
企業が抱える顧客や、彼らを相手にするビジネスを通して出入りするデータは、当然ながら巨大なものになる。それを扱うのが、DMPなのだ。

↑ PAGE TOP

メニューバー