データマネジメント界の輝ける星、DMPについて

導入について

パソコンを見せながら説明する男性

必要なこと

DMPは、「超便利なシステム」だ。そこでは大量で膨大、ひと目見るだけで整理するのを諦めてしまいたくなるようなビッグデータを、いとも簡単にまとめ、管理し、解析してしまうという驚異的な機能を持っている。
そのプラットフォームの間口は広く、土台は大きく、しかも大いに活用することが出来る。企業の業績は上がる。世間の覚えがめでたくなる。みんなが笑顔になれる。
というわけで、DMPの導入はどの企業にとっても、一度は頭をかすめたことに違いないが、もちろんここで言う「超便利」な機能を活かすためには、企業側もちゃんとしなければならない。

例えば、データ管理を行うためのプラットフォームだけそろえて、管理業務や広告業務の連携が取れていなければ、意味がない。
システムを活かす態勢が出来て、初めてシステムは動き出すのだ。

クラウドの活用

DMPの導入にあたっては、「クラウド」というものも理解しておかなければならないだろう。
クラウドというのは、英語の「Cloud」つまり「雲」を意味する言葉で、雲のようにフワフワ浮いていて一見質量を持たないように見えながら、ちゃんと実在しているというインターネット上の空間のことを意味している。
逆に言えば、雲のように実在しているが、その質量は殆どゼロに近いほど重さがなく、広さも無限であるという空間である。

DMPのシステムは、この空間の中で活用されてこそ、その便利さを発揮することが出来る。ネットにアクセスできる人であれば、誰でもDMPが管理し、解析するデータの閲覧や活用をすることが出来る状態に置けるということなのだ。

↑ PAGE TOP

メニューバー