データマネジメント界の輝ける星、DMPについて

データ解析

電話をしながらパソコンを見ている男性

顧客管理のために

現代の企業はどこでも、大なり小なり、多かれ少なかれ、CRMということからは逃れることが出来ない。
Customer Relationship Management、すなわち顧客関係管理ということを抜きにしては、ビジネスを語ることが出来ない時代に突入している。
つまり、企業は物をただ売るのではなく、誰に何をどのくらい売ったか、そしてその売買の関係を今後どのように育ててゆくかということを、考えなければならない時代に来ているのだ。

そのために、さまざまなデータ管理、データ解析のシステムが必要になる。DMPは、そこに登場した超便利なシステムだったのだ。
DMPの上では、企業の顧客を相手にして関係を築いた歴史のすべてが、断片的なデータの集積として存在している。そして、その膨大なデータを混乱なくまとめ、選別し、分析しているのだ。

アドテクノロジー

DMPは、アドテクノロジーの世界に現れた画期的なシステムでもある。アドテクノロジーとは、アド(Ad=Advertisement=広告)に関する技術のこと。
企業が持つDMP上で行われたデータ管理、データ解析が、企業の行う広告活動に役立つということを意味しているのだ。

広告は、これまでは、こう言って良ければマシンガンの一斉掃射だった。とにかく弾を広範囲にばらまけば、どこかでヒットするだろうというやり方が取られていた。
この方法論は、往々にして「労多くして功少なし」という結果を生むことになった。確かに、優れた広告は人を魅了するが、魅了されない、興味を持たない、そんな人のところにもばら撒かれていて、それは考えようによっては無駄なものだったのだ。
DMPは、そんな広告のやり方を一新させるシステム、DSP(デマンドサイドプラットフォーム)と連動することによってアドを進化させた。

「マシンガンの一斉掃射」から、「狙いすましたスナイパーライフルの一発」ともいうべき、広告を提示する相手を限定した狙い撃ち方式が可能になり、効率を大いに良くすることにつながったのである。

↑ PAGE TOP

メニューバー