データマネジメント界の輝ける星、DMPについて

コンテンツ

手を繋ぐビジネスマン

プラットフォーム

DMPとは何か?それは「データマネジメントプラットフォーム」の略。データ管理のためのプラットフォームであるということ。この「プラットフォーム」とは、一体どのようなものだろうか。

>> もっと詳しく

電話をしながらパソコンを見ている男性

データ解析

DMPはデータ管理のためのシステム。具体的には、データを解析するのがその仕事だ。ここでは、このシステムがどのようなデータをどのように管理しているのかということを、明らかにする。

>> もっと詳しく

パソコンを見せながら説明する男性

導入について

DMPは、近未来的なビジネスのあり方を現実のものにすることに成功したシステム。さまざまな企業がその導入に動いているが、ここではそれにあたって必要なことについて取り上げる。

>> もっと詳しく

超便利なシステム

IT会社のオフィス

どこでも事情は似たり寄ったりだけれど、その業界にしか通じない言葉というものがある。たとえば、IT系のシステムについて語るとき、業界の外側にいる人はまるで異邦人になったかのような心地を味わう。
氾濫する英略語やカタカナ語が、もはや英語的に正しいものかどうかすら判断することが出来ず、だから、そこは「とっつきにくい世界」になってしまう。

とはいえ、「とっつきにくい世界だ」の一言で片づけてしまうのは、あまりに惜しい話でもある。
もし今この瞬間、例えば「DMP」という、その業界の外にいる人にとっては摩訶不思議な3文字の英略語にしか思えない物を、導入し実用する予定はないにしても、知っていて損はないと思われるのだ。
何しろ、超便利なシステムだから。

DMPとは、Data Management Platformの略。データマネジメントプラットフォーム。データマネジメントのための、プラットフォームなのだ。
データマネジメントというのは、分かりやすく翻訳すれば「データ管理」ということになる。断片的に存在する情報を集めてまとめ、整然と並べること。
そしてその中に法則を見出し、それを役立てること。そのためのシステムのひとつがDMPであり、今のところ、特に「マーケティング」の分野では最新のシステムであると言える。

端的に言って、DMPのシステムが存在するおかげで、いろんなものを便利に考えることが出来るようになった。物事を効率的に行うことが出来るようになった。
世界はまたひとつ、ぜい肉をそぎ落としてシャープになったのだ。

記事一覧

手を繋ぐビジネスマン

プラットフォーム

電話をしながらパソコンを見ている男性

データ解析

パソコンを見せながら説明する男性

導入について

↑ PAGE TOP

メニューバー